個人の自由

日本でも今後、参考になることかもしれません・・

 

アメリカ国内でのハンバーガー大手のマクドナルドは、今月24日、店内で客に原則としてマスク着用を求めると発表したそうです。

8月1日から約1万4千店で実施するとのことです。

ただし「個人の自由だ」として拒否する客に対しては、ほかの客と離れた場所に誘導して注文を取るなど特別対応をとるようです。

店内での着用義務化は、コーヒーチェーンのスターバックスや、小売り大手ウォルマートが導入するなど全米で広がっています。

すでにマクドナルドの店舗の約8割は、室内でマスク着用が義務づけられた地域にありますが、8月以降は、要請にとどめている地域でも着用を客に要求するものです。

米CNNによると、同社は着用を拒む客への対応手順を策定し、非着用の客にマスク1個を提供し、それでも拒否する場合は他人から距離を置いた指定の場所にとどまってもらい、注文をとるようにするとのことです。

マスクをめぐっては、トランプ米大統領が着用を固辞してきた経緯があり、「着用しない自由」を訴える人もおり、着用を求める従業員に罵声を浴びせたり、商品を投げつけるなどのトラブルが起きており、接客を必要とする業界の課題となっています。

 

平常時はともかく、行き過ぎた「個人の自由」は非常事態では考えものかと思いますが・・

夜明け前

ようやく「緊急事態宣言」も解除の方向で動きだしました。

 

プロ野球は、今日25日に12球団代表者会議を開き、同日に1都3県と北海道の緊急事態宣言が解除されれば、6月19日の開幕を決定する運びとなるようです。

全120試合の実施を目指すことになり、セ・リーグは日程確保のためにCSを中止する方針で、パ・リーグは短縮を検討しているようです。

交流戦、球宴の中止は決定しており、日本シリーズは11月21日からを予定となっています。

開幕カードはセ・リーグは当初予定から、開催地を首都圏に変更する案が最有力となっており巨人−阪神(東京ドーム)、DeNA−広島(横浜スタジアム)、ヤクルト−中日(神宮)で幕を開けそうです。

パ・リーグはカードも一部変更し、西武−日本ハム(メットライフドーム)ソフトバンク−ロッテ(ペイペイドーム)オリックス−楽天(京セラドーム大阪)で3連戦を行い、移動リスクを軽減するために23日からは6連戦を軸にした日程で検討しているそうです。

 

なにより、ただ「良かった!」と思えます。

自分が、こんなに野球好きだったのかと、改めておもいました。

毎年、3月になると開幕し、4月くらいからチケットを取り始めていたこの「日常」がとても、ありがたく思えます。

 

本当に、よかった!

しばし辛抱

 

3蜜「密閉、密集、密接」を避けて、不要不急の外出を避けましょう!

 

今はこれに尽きるかと思います。

5G

NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI(au)の次世代通信規格「5G」を使った携帯電話サービスが23日、出揃いました。

 

サービスはドコモが25日に開始し、KDDI(26日)、ソフトバンク(27日)が続き、楽天も6月に参入予定で、ついに5G時代が幕を開けます。

各社とも利用料金に大きな違いはなく、高精細の動画やゲームなど独自のコンテンツを争うようです。

 

KDDIは、23日、データ使用量が無制限のプランを利用家族数などに応じた各種割引によって月額3460〜8650円(税抜き)で提供すると公表し、先に発表したソフトバンクはデータ使用量の上限50ギガバイト(GB)のプランを3480〜8480円と設定しています。

ドコモは、上限100GBのプランを4480〜7650円としましたが、当面はデータ使用量に制限を設けないとのことです。

当初は、サービス提供地域が限定されることを踏まえ、3社とも料金は現行の4Gとほぼ同じ水準とするようですが、KDDIは23日の発表会で、「他社の動向を見ながら対応していく」と述べ、将来の料金見直しを示唆しています。


5Gサービスを利用するには、対応するスマートフォンが必要となり、3社とも超高精細な映像規格「8K」の動画撮影が可能な端末などを投入するほか、5G専用の独自コンテンツをアピールするようです。


料金プランや機種の購入など、今のスマートフォンのように日常で使用できるのは、まだ先のようです。

 



観光立国

世界経済フォーラム(本部スイス・ジュネーブ)は4日、「旅行・観光競争力報告書」の最新版を発表しました。

 

日本は140カ国・地域中4位で、1位スペイン、2位フランス、3位ドイツとともに前回の2017年と同順位でした。

報告書は、世界的に観光需要は増していると指摘し、観光地への負担に警鐘を鳴らしたものとなりました。
報告書は、政策、インフラ、環境、自然・文化資源の4分野計14項目で、観光地としての魅力を指数化して評価するもので、日本は「国際的な開放度」「陸上・港湾のインフラ」「文化資源・ビジネス旅行」が高く評価され、9位から4位に順位を上げた前回に続き、7位のオーストラリアを上回ってアジア太平洋地域で首位となりました。


総合で首位を維持したスペインは、観光資源の豊富さと旅行者へのサービスが評価されたものとなり、米国が英国を抜いて5位となったものの、上位10位までの国に変動はありませんでした。

 

どうりで、最近、インバウンドが目立つはずですねよ。

変わるかも?

副業や兼業で働く人の労働時間をどう管理するかを議論してきた厚労省の有識者検討会の最近の報告書では、

事業主が健康確保に取り組むことを前提に、他の仕事の時間とは通算せず、企業ごとに上限規制を適用することなどが示されているようです。

労働基準法で、法定労働時間を超えた場合は割増賃金を支払うことになっていますが、この仕組みも見直すとのことです。

詳細に関しましては今後、本格的に議論されるとのことで、行く末がみまもられることとなります。

法律の改正を含め、労働基準法の解釈が大きくかわるかもしれません。

1票の重み

白熱している選挙戦の公約のお話しです。

政党が掲げる参院選の公約をじっくり見てみると、他党にはないユニークなものがかなりあるようで・・・

「孤独担当大臣の新設」を唱える党は、日本では初の取り組みだと強調し、相談ダイヤルやソーシャルワーカーによる対面相談などの体制も強化するそうな。党の担当者は、「孤独対策は時代の要請だ。党として本腰を入れて取り組む姿勢を示した」と胸を張っている様子です。実現にむけて税制の見直しなどで財源を捻出できるとのことです。

またある党は「大阪消防庁の設置」を訴えています。東京消防庁と同規模の拠点を西日本にもつくり、大規模災害に迅速に対応するのが狙いだそうです。「毎年大災害が起きている中、必要なことだ。具体的な場所などは検討中だが、決して荒唐無稽な話ではないと思っている」とのことです。

ちなみに私の一押しは、「花粉症ゼロ社会を目指す」です。
スギ・ヒノキを花粉の少ない品種に植え替える補助事業などにすでに取り組んでおり、それをさらに進めていくとのことです。党の担当者は「『ゼロ』という表現はかけ声のようなもので、数値目標というわけではない」とのことです。


40年以上、毎年春の時期に悩ませられてきたこの課題。よくぞ本腰を挙げて取り組んでくれたものだ!と拍手したくなります。

春のうららかな陽気を、人並に感じられるようになれば私の1票も有効だったと本当に思うでしょうね・・ 
     ◇

雲海の果てに

東京にいても、雲海が望めそうです!


今年発足したプレミアムフライデー企画!

夜行列車で横浜から都内を抜けて秩父を訪問し、山上の三峯神社で星空と日の出の際の雲海を楽しむ、プレミアムフライデー特別ツアーが、西武鉄道により、5月26日より開始された様です。

路線は、快適な長距離移動に対応した新型車両「40000系」が3月から、横浜高速鉄道の元町・中華街駅と西武秩父駅とを結んでおり、今回は、この車両を活用し、横浜や都内から秩父地域へ、遠隔地を結んだ夜行列車による日帰りツアーです。

列車は、同日深夜、元町・中華街駅を出発し、途中、東急東横線多摩川駅、西武池袋線練馬駅、同ひばりヶ丘駅に停車して一路西武秩父駅へ。
そのあとは貸し切りバスで、三峯神社に移動し、天候など条件もありますが、星空観賞と、日の出とともに眼下に広がる雲海を楽しむ企画だそうです。

西武鉄道広報部は「秩父と横浜方面を結ぶ列車と、新たな観光資源として注目されている雲海や星空を知っていただくきっかけになれば」とのことです。
プレミアムフライデーとは、まったく縁遠い人間なのですが、雲海が見れるとなると、どうしても行きたい衝動にかられます・・・・

ちなみに次回は、今年の秋以降のようです。

 

プレミアムなフライデーの方、うらやましい・・
(2017/6/3 13:32 )

Do you know Agemaki?

私のまったくの好みのおはなしです。

 

絶滅が危ぶまれていた有明海特産の二枚貝「アゲマキ」が復活の兆しを見せているそうです。

 

佐賀県有明水産振興センターが、大量放流した稚貝が、同県鹿島市沖の干潟に根付いて産卵し、新たに生まれた貝が再び卵を産む生産サイクルが回り始めているためだそうです。

2016年の生息数調査では、例年の10倍を超えるほど急増しており、関係者は採貝の復活に向け資源保護に乗り出しているそうです。


稚貝の大量放流を始めた09年から毎年7〜9月、佐賀県沖合6カ所での生息数を調査したもので、例年4〜84個にとどまっていたものが、15年は226個に増え、16年は1000個を超えたようです。


このアゲマキ、

漁獲量は、1988年に776トンでしたが、その後は、広域で原因不明の大量死が発生し、自然界での生産サイクルが途絶え、92〜93年は1トン、94年以降はゼロになったものです。

 

子供のころ、このアゲマキのバター焼きが食卓に出ると、

嬉しくて、おかずに何倍もごはんをお代わりしたものでした。

 

県はアゲマキを絶滅危惧2類種のひとつに指定しており、

今後「アゲマキが巣を掘ると他の生物も生息しやすい干潟環境に変わっていく。将来的には生息域を広げて漁獲量を回復させ、食卓に復活させたい」と話しているそうです。

ちなみに、アゲマキ復活を確実にするため、

県有明海区漁業調整委員会は、2016年3月以降、採貝を全面禁止し、違反者には罰則が適用されることとなっています。

復活したアゲマキは、大人になった私の肴になる日は遠くないことでしょう。

楽しみです。

 

(2017/3/21 14:51)

瑞風

久しぶりの鉄道ネタです。

 

JR西日本は、

6月17日から運行する豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」第1期(6〜9月)の乗車できる当選倍率を発表しました。


1両全てを使ったスイートルーム「ザ・スイート」の山陽・山陰コース(2泊3日)が、最高倍率の68倍だそうです。

 

平均倍率は5・5倍となっています。

今後、瑞風は原則として週3回運行する予定です。

京都(大阪)−下関間で、山陽・山陰を巡る1泊と、2泊の全5コースが設定され、城崎温泉などの観光名所に立ち寄るコースとなっています。

 

2人1室で利用した場合、ツインの1泊2日の料金は1人27万円からで、ザ・スイートは75万円からとなっています。

第1期は、昨年12月から今年1月まで受け付け、368室に2022件の応募があったそうです。

年齢は、40〜60代が中心で、地域別では関西が4割、関東が3割でした。

今回の落選者には、次回応募時の抽選で優遇するという「おもしろい措置」が取られているそうです。

「おもしろい措置」はともかく、

これだけ人気がある寝台特急ですので、

普通に乗れる列車が復活することを願うばかりです。

 

東京五輪までに復活して、海外からのお客様に、日本の新しい楽しみ方を提案できれば、素晴らしいと思うのは、わたしだけでしょうか・・・

(2017/2/14 10:40)

2017年ごあいさつ

少々遅くなりましたが

みなさま、新年、明けましておめでとうございます。

 

2017年、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

年明け早々より、長時間労働に関する法令違反のニュースが入ってきます。

 

よい1年にするため、今年も頑張って、まいりましょう!

 

今年は、個人的には、本ページにて、「つぶやき」回数を多くしていきたいな! と思っております。

 

三日坊主にならないよう、年始にあたり、

決意表明いたします・・・(ちょっど、かたくなりすぎたかな??)


(2017/1/13 9:54)

出陣のとき

熊本地震で石垣や櫓やぐらなどに被害を受けた熊本城の復旧のため、熊本市は1日、1口1万円以上の「復興城主」の受け付けを始めました。


従来1万円以上の寄付で「城主証」が交付されており、一口城主を募っていたのですが、地震後により中断されていました。

それが、全国の要望を受けて再開したものです。


氏名入り芳名板を掲げた天守閣が立ち入り禁止のため、

近くの観光交流施設 「桜の馬場 城彩苑」 に、専用スクリーンで氏名を映す「デジタル芳名板」を設置されているそうです。

 

「寄付は、小さな水滴のようなものだけど、少しでも復旧につながってくれれば」 と話しながら、

開始初日に申し込んだ市内在住の方もいたそうです。

 

震災後のあの痛々しい熊本城の姿を見た人は、「われこそは!」と待っていたことでしょう。

九州人として、城好きなひとりとして、私も一口協力させていただこうと思います。

みなさんも、いかがですか?

いざ!出陣の時ですよ!!

 

ご参考までに

http://wakuwaku-kumamoto.com/castle/

 

(2016/11/1 11:00)

フリーゲージ

九州新幹線長崎ルートに導入するフリーゲージトレイン(軌間可変電車)の開発が遅れ、2022年度に予定していた開業に間に合わない見通しとなったようです。


長崎ルートは、フリーゲージトレインの導入が前提でしたが、開発の遅れにより、新幹線と在来線特急を途中駅で乗り継ぐ「リレー方式」も浮上しているようです。


フリーゲージトレインは、線路の幅が異なる新幹線と在来線を相互に乗り入れることができる車両ですが

14年10月からの耐久走行試験で、トラブルが起き、試験は休止しているそうです。


国土交通省鉄道局が4日、「22年度に長崎ルートに量産車を導入することは難しい」との見通しを明らかにしたもので、

フリーゲージトレインを開発する独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」が同省の有識者委員会で、走行試験で生じた車軸などの摩耗や欠損について「時速260キロ・メートルでの走行に起因する」と断定し、部品の改良などのため試験再開が16年度後半に遅れると報告したことによるものです。

実用化には、走行試験から約6年が必要とされており、今後の動向が見守られます。

 

乗車したい気持ちはあるものの、「白いかもめ」が運行停止となるのも寂しい気がします。

ブルートレイインとともに、「憧れの列車」であった九州の鉄道の歴史に、

またひとつ、終止符が打たれようとしています。

(2015/12/8 10:39)

寒男

2015年のシーズンも、昨日で終了しました。

 

最高の形で終わることが出来て、本当に良かったと思います。

 

連覇がかかり、プレッシャーもすごかったことでしょう。

 

工藤監督、

有難うございました。

 

来年も、楽しい野球を期待しています。

 

熱男も終わりました。

 

これからは、寒い「寒男」の季節になります。

 

また、春先には熱い気持ちで、応援したいと思います。

 

1年間、ありがとうございました。

(201510/30 13:47)

そのとき(瞬間)

いよいよ、マジックは”1”となり

ホームグラウンドへ帰ります。

 

長かったシーズン。

長谷川選手も帰ってきて、役者が揃いました。

 

近年、パリーグは予想がつかない混戦で、勝ち抜けるためには、余程の準備と戦略が必要な状況です。

 

私生活も律して野球に集中し、全員の気持ちが優勝に向かうことのみを目標に掲げたチームが最後にのこるのではないでしょうか??

 

日本一になることも難しいことですが、

「パ・リーグ優勝」をつかみとるこのとき(瞬間)が、

 

わたしは、一番 涙がでます・・・

 

おつかれさま! おめでとう! ごくろうさま!

 

言葉に尽くせません・・・

 

まだ、決まったわけではありませんが、なんだか涙ぐんできました。

 

さあ、あと1試合。

ヤフオクドームで、一番きれいな華をさかせてください!!

 

その場には行けないけど、見守っていますから・・

 

(2015/9/17 12:14) 

M6で仙台へ

鷹軍、

M6で今週末仙台へ。 来週初めにはリーグ優勝の予定でしたが・・・・

 

今日の仙台、グラウンド不良につき中止となりました。

 

明日、明後日は大爆発で、快勝といきたいですね。

 

柳田選手、秋山監督の後継者としての「333」。

 

期待してまーす。

 

日本シリーズは、個人的にはカープ戦、観たいな〜。

(2015/9/11 14:13)

M38

ついに、昨日ホークスにM(マジック)38が点灯しました。

 

点いたり、消えたりするのがマジック。

 

もしかして、今年は優勝の瞬間がみれるかも・・

 

去年は、秋山監督の胴上げを見損ねただけに、

 

今年は、超期待です・・・

 

(2015/8/6 16:14)

大賛成!

広島カープの試合が地元である日は、ノー残業デーに!

 

広島労働局の河合智則局長らがこのほど、ユニホーム姿で記者会見し、働き方の見直しを呼びかけました。
 
国が進める「働き方改革」の一環として、ほかにも家族の誕生日の有給休暇取得や朝型勤務など、複数の取り組み案を例示したものです。

今後は、企業などに要請していくとのことです。
 
カープ人気で、施策の浸透を図ろうというアイデアは職員が思いついたもので、「提案するからには率先したい」と、

 

労働局も試合日には、定時退庁を奨励するようです。

 

東京労働局も野球ファンへ、ひと案欲しいものです。

(2015/4/1 11:04) 

ごあいさつ

遅ればせながら・・

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

「あまりにも更新がない!」

とのお叱りを、ユーザー様より賜りまして反省いたしました。

 

本年は、本業同様、近況報告も極力行っていきたいと思いますので、

 

ご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

特に、鷹関連情報には、力を入れたいと思っております。

それにしても、秋山監督のこと、

 

いまだに悔やまれる・・・

 

(2015/01/22 13:52)

御礼

秋山監督、10年に渡り、私生活を制約しながら、チームのためにご尽力いただき、有難うございました。

 

御礼申し上げます。

 

おかげで、ホークスファンは今年、一番最後まで野球を見ることができました。

 

今後は、ご家族との時間を大事にされて、時々、ホークスのことを思い出して頂ければ、嬉しいです。

 

 

秋山監督が育てた選手たちは、これからもきっとチームの中心になり、良いチームを継承してくれることでしょう。

 

そして、また、何年かしたら、ホークスに帰ってきてください。

 

それまでは十分休養を取って、英気を養ってください。

 

暫しのお別れに、 「お疲れ様でした。」

贔屓

手前味噌なお話で、少々ご辛抱ください。

 

読売新聞の記事より、

プロ野球・福岡ソフトバンクホークスのリーグ優勝を受け、

福岡県は8日、ホークスがクライマックスシリーズを6試合戦い、

日本シリーズを4勝3敗で制した場合、県内の経済波及効果が404億円にのぼるとの試算を発表したそうです。

 

県調査統計課は、

百貨店やスーパーの優勝セールなどによる売り上げ増が258億2000万円、ヤフオクドームでのチケット代や飲食代などの観客消費額が89億8000万円、記念行事が43億1000万円などと見積もったものです。

 

2011年にクライマックスシリーズを3試合、日本シリーズを7試合戦って日本一になった際は、388億円との試算に対し、実際の波及効果は380億円だったそうですので、今回はさらにパワーアップしていますね。

 

クライマックスシリーズには行けそうにないので、日本シリーズでは久々に、歓喜の涙を流したいと思います。

鷹党のかた、共に感動を分かち合いましょう!

(2014/10/10 10:10)

 

windows10

米マイクロソフトは30日、次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」を発表しました。

 

パソコンでの使い勝手を高め、法人分野で攻勢を強める米アップルや、米グーグルに対抗する模様です。
来年の早い時期に一般消費者向け機能などを詰め、来年後半に発売する計画だそうです。

 

マイクロソフトは、出遅れた携帯端末分野で挽回するため、2012年10月に「ウィンドウズ8」を発売し、昨年10月に改良版「8.1」を投入しましたが、企業ではその後も、マウスやキーボードでの操作性が良い「ウィンドウズ7」を使い続ける例が多く、「8」への移行が進んでいないのが現状です。

このため「10」では、「スタートボタン」で利用頻度の高いソフトなどの一覧を呼び出す「スタートメニュー」など、「7」の画面や操作方法を復活させる一方、「8」で導入した指先でのタッチ操作などの機能を残しました。

 

確かに、「8」と「7」では、個人的には「7」のほうが断然使い易く感じます。

 

特に仕事に関しては・・


「10」は、スマートフォン、タブレット型多機能携帯端末、パソコン、テレビなど従来のウィンドウズよりも幅広い端末に対応するようです。


PCの買い替えは、もう暫く待ったほうが良さそうです。


(2014/10/01 11:54)


 

時代

私が生まれた時から、慣れ親しんできたオレンジ色の看板が、とうとう消えてしまいます。

 

小売り最大手のイオンは24日、半世紀にわたって全国で親しまれてきた「ダイエー」というスーパーの名前を、2019年2月期をめどになくすと発表しました。


閉店はほとんどせず、ほぼ全店で改装を進めて、グループ内でスーパー名を統一するようです。


こうした再編を急ぐため、ダイエーへの出資比率を44%から100%に引き上げ、来年1月に完全子会社にするようです。

ダイエーはいま、「ダイエー」「グルメシティ」などの名前の店が全国に285店あり、これを総合スーパーでは「イオン」、食品スーパーでは、「イオンフードスタイルストア」(仮称)などの名前に切り替えていく方針だそうです。

 

グループ内の他のスーパーも含めて3年間で300億円を投じ、店の改装や共通で仕入れる商品を増やし、「若い人や高齢者も支持してくれる店」を目指すものとしています。

 

この改革で、営業損益を100億円以上押し上げると見込んでいるそうです。
  
 

ダイエーという名前は、首都圏と京阪神地域の食品スーパーの運営会社となり、

屋号(看板)は街から消えてなくなることになります。

 

子供のころ、数少ない外食の機会にありつけた思い出の総合スーパー。

 

今は、ショッピングセンター化したり、ディスカウント化したりで、業態も変わってきています。

 

時代の流れなのでしょうが、行きつけのお店がなくなっていくようで、なんだか寂しい気がします。

(2014 0925 9:12)

どうしても

しばらく、ラーメンはお休みとはいったものの、

 

どうしても食べたい衝動に駆られてしまうのは、

 

きっと、中毒なのでしょうね。

 

 

かく、土曜日はひとりでスーパーへ行き、某有名店のラーメンをアレンジして食しましたが、

どうも、イマイチ・・

 

お店に行きたい! 気分に駆られます。

 

 

この炎天下の中、行列に並び汗をかき、麺を食べて汗をかき、

スープを飲んでまた、汗をかき・・・

 

これではまるで、運動してるのと同じではないだろうか??

 

人一倍(いや、10倍くらい)汗かきの私は、

 

おそらく近日中に行列の一番後ろに、大タオルで汗を拭き拭きならんでいることだろう・・・

(2014/0804 15:55)

 

しばらく

私の趣味(ワイフワーク?)のひとつです・・

 

こう、暑くなってはさすがに歩いて、並んで食べれません・・

ということで、しばらくラーメン行脚はちょっと、お休みします。

 

満足の1杯が見つかったときには、ブログにUPしたい気持ちですが、

ラーメン記事ばかりになりそうなので、たまに書く程度にて、お許しください。

 

先日食べた、八王子ラーメンの老舗は今年1番の美味さでした。

店名は敢えて書きませんが、「固麺、お断り」というだけあって、その麺とスープの絡みたるや、絶品でした。

 

また、涼しくなったらきっと、この店には訪れることでしょう・・

乞う、ご期待ください。

(2014/7/23 10:06)

 

 

NO.1

国連経済社会局は、10日、最新の「世界都市化予測」に基づく大都市圏ランキングを発表しました。

 

これによると、今年7月1日現在、横浜や千葉などを含む大都市圏「東京」の人口は3783万人で、この予測の報告書にデータの記載がある1990年以降、「世界一のメガ大都市圏」の座を維持しているそうです。


「東京」に続く大都市圏は、インドのデリーで3位は中国の上海、4位はメキシコ市、5位はブラジルのサンパウロ、6位はインドのムンバイとなりました。


1990年に、世界2位の大都市圏だった、大阪や神戸などを含む「近畿大都市圏」は今回7位でしたが、2030年予想では13位まで後退する見通しだそうです。

 

電車に乗っていて、以前はすいていた時間帯も最近、なんだか混雑していると感じるのは、人口が増えているからでしょうか・・

(2014/07/11 10:19)

イタリア並み?

日本のサッカーW杯が終わりました。

 

よく頑張ったと思いますが、3戦ともに、

相手がゲーム運びで上手だったような気がします。

 

イングランドやスペイン、またイタリアがグループリーグで敗退したことを考えると、日本は健闘したのではないかと思います。

 

悔しい大会の思いは、次の大会まで忘れずに持っていくことができれば、きっといい結果が出ることでしょう。

 

ギリシャの底力を思い知らされた、有意義な大会でした。

 

ただ、W杯はこれから本当に面白い試合ばかりとなりますので、当分の間

睡眠不足は続きそうです・・・


(2014/6/25 10:14)

子供の時間

学制改革を議論している政府の教育再生実行会議が、

義務教育の対象を5歳児に前倒しする提言を検討していることが分かりました。

 

幼稚園や保育所で行われている5歳児向けの幼児教育費は、段階的な無償化を目指すもので、これは子どもの心身の発達が早まっており、小学校教育への移行を円滑にする必要があるとの見方を踏まえたものだそうです。

 

5歳で新入生となる日が、近く来そうです。

そうすると17歳で高校を卒業し、65歳定年(今後は70歳?)になると、人生のうち就業期間がとても長くなりそうな計算になります。

 

子供のみなさん、

親に甘えられるうちに甘えておかないと、すぐ入学式がやってきますよ・・

(2014/06/05 13:00)

空中楼閣

これは本当の人手不足なのでしょうか。

 

厚生労働省は14日、2013年度にハローワークを通じて就職した障害者が、7万7883人で、4年連続で過去最高を更新したと発表しました。

うつ病や統合失調症など精神障害者の就職者数が、初めて身体障害の人を上回った結果となったものです。

 

企業に課される雇用義務が強まり、障害者の「人手不足」が続いていることが背景にあるとみられています。

 

障害者の就職者数は前年度と比べて14・0%増え、統計をさかのぼれる1970年度以降で最も多意結果となりました。

 

障害種別では、「精神」が2万9404人(前年度比23・2%増)で最も多く、

「身体」は2万8307人(同6・5%増)、

「知的」は1万7649人(同10・1%増)となりました。

 

「精神」の人数が「身体」を上回るのは、統計を取り始めて初めてのことです。

 

増加の最大の要因は、昨年企業が達成すべき法定雇用率(従業員に占める障害者の割合)が1・8%から2・0%に引き上げられたためのようです。

 

厚労省障害者雇用対策課は、「企業がいままで以上に採用に目を向けている」と分析しているようです。 

 

ところが、

雇用の現場では、毎年「障害者探し」に追われ、障害者ひとりひとりに、辛い思いをさせていることも事実で、

「本来の障害者雇用の目的」と違う方向に走りつつあることも、監督官庁は考えて欲しいものです。

(2014/5/15 10:32)
 

非現実的数値

果たして、現実的な数字といえるのでしょうか?

 

田村厚生労働相は13日午前、閣議後の記者会見で、基礎年金の受給開始時期を受給者の判断で遅らせ、その分だけ年金支給額を増やせる現行制度について、

75歳程度までの繰り下げが選択できるようにすることを検討する方針を明らかにしました。

 

田村氏は、「昨夏の自民党参院選公約にも(繰り下げは)入っている。

一つの方法であり、検討していきたい。開始が遅れた分の国庫負担は発生しない。後で上乗せ部分が発生するので、中長期的にみれば中立だ」

と年金財政に与える影響はないとの見方も示しました。

 

現在、受給開始は原則65歳ですが、最長70歳まで遅らせることが可能です。

 

1か月繰り下げるごとに年金額は0・7%増え、5年間繰り下げると年金額は42%増える計算です。

 

余談ですが、

75歳まで繰り上げることのできる人を想定してみると、

高給取りの会社社長か、政治家ぐらいしか思い浮かばないのですが・・・

 

今のところ、あんまり現実的な制度にならない気がします。

(2014/5/14 15:05)