労災認定

TAC元社員を過労死認定。
資格取得支援事業大手のTAC(東京)の経理担当で、昨年3月、急性虚血性心疾患のため35歳で亡くなった男性について、東京労働局中央労働基準監督署が、長時間労働による過労死として労災認定していたと代理人の川人博弁護士が7日明らかにしました。

川人弁護士らによると、男性は入社直後の2009年11月、公認会計士試験に合格、正式に会計士となるための実務補習を週1回程度受けながら、休日出勤や徹夜の仕事をこなし、多い時は月約125時間の時間外労働をしたいたものです。

昨年3月、自宅で倒れ死亡し同12月、労災認定されました。

川人弁護士は「TACは会計士の実務補習制度を熟知しているのに十分な配慮もせず、長時間労働を強いたことを重く受け止めるべきだ」と話しているそうです。

同社IR室は「労災認定は厳粛に受け止める」とコメントしています。

私が社会保険労務士の資格をとったのがこのTACでした。

接客対応がとてもよく、気持ちよく勉強できたことを覚えています。

学び舎でこんな不幸が起こるとは、とても残念です。