解雇無効の判例

旧グッドウィルグループの派遣大手ラディアホールディングスの子会社「テクノプロ・エンジニアリング」(東京)を解雇された神奈川県横須賀市の男性が、同社に賃金支払いなどを求めた仮処分申請で、横浜地裁は7日、解雇は無効として、賃金分として月約30万円の支払いを命じる決定をしました。

ラディアは業績が悪化し、今年4月にグループ全体で正社員4,500人を解雇した模様。地裁は決定理由で「解雇を避ける努力を尽くしたとは認められず、人員削減の必要性がどの程度あったかも明らかでない」と指摘しました。

決定によると、男性は1996年から同社社員としてメーカー工場に派遣されて働き、今年4月末に解雇されました。

同社は決定についてコメントしていない模様です。今後の動向を見守りたいと思います。