最新統計値

厚生労働省が本日、発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は1・04倍で、1・03倍だった前月から0・01ポイント上昇したものとなりました。

平成31年4月以来、18カ月ぶりの改善となり、新型コロナウイルスの感染拡大で採用を控えていた企業の一部が夏の「第2波」後、一定程度状況が落ち着いたのを受けて採用活動を再開したのが影響したとみられます。

総務省が、同日発表した10月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0・1ポイント上昇の3・1%で、2カ月ぶりに悪化したものとなり、完全失業者数は前年同月比51万人増の215万人で、9カ月連続の増加となりました。

 

第3波が到来しつつある昨今、やっと上昇しつつあるいい流れが今後、悪化しないことを願うばかりです。