健康保険証でも!?

マイナンバーカードの健康保険証利用受付が始まりました。


2021年3月から、マイナンバーカードが健康保険証として利用できることになっていますが、その申込みが始まりました。

詳細は、マイナポータルのホームページに掲載されていますが、概要は以下となってます。


◆メリットは?

@ 就職・転職・引越をしても健康保険証としてずっと使える

A マイナポータルで特定健診情報や薬剤情報・医療費が見られる

B マイナポータルで確定申告の医療費控除がカンタンにできる(2021年分確定申告から)

C 窓口への書類の持参が不要になる

 


◆使い方は?

医療機関や薬局でマイナンバーカードをカードリーダーにかざすだけで使えます。

オンライン資格確認が導入されている医療機関・薬局では、マイナンバーカードを持参すれば健康保険証がなくても利用できます。

医療機関や薬局は、マイナンバーカードをかざした後、顔写真で本人を確認します。

また、医療機関や薬局が12桁のマイナンバーそのものを取り扱うことはなく、マイナンバーカードのICチップ内の利用者証明用電子証明書を利用します。

ただ、オンライン資格確認が導入されていない医療機関・薬局では、引き続き健康保険証が必要です。

◆事前に準備するもの

@ 申込者のマイナンバーカード+数字4桁の暗証番号(パスワード)

A マイナンバーカード読取対応のスマートフォン(またはPC+ICカードリーダー)

B 利用するブラウザ用のマイナポータルアプリのインストール

なお、マイナポータルのホームページでは、パソコンの場合とスマートフォンの場合の利用申込方法の動画が公開されることになっているようですが、8月12日現在では「準備中」の表示になっています。

 

本当に便利になったのかどうかは今のところ??のようです。