生涯現役?!

総務省は先日の「敬老の日」に合わせ、65歳以上の高齢者の人口推計を発表しました。

 

今月15日時点で、前年より30万人増の3617万人となり、総人口に占める割合も0.3ポイント増の28.7%とともに過去最高となりました。

就業者数は、2019年の65歳以上の892万人と、16年連続で増加となりました。

男女別の人口は、男性が1573万人で全体の25.7%、女性が2044万人で全体の31.6%でした。

高齢者の割合は、1950年以降一貫して上昇しており、第2次ベビーブーム世代(71〜74年生まれ)が65歳以上となる2040年には35.3%になると見込まれています。

世界の比較では、65歳以上の割合は日本が最も高く、イタリア23.3%、ポルトガル22.8%、フィンランド22.6%が続いています。

就業者数は、過去最多の892万人を記録した18年から30万人増加となり、15歳以上の就業者総数に占める割合も0.4ポイント増の13.3%と過去最高になりました。

卸売業・小売業が126万人と最も多く、農業・林業108万人、サービス業103万人などとなっています。

役員や自営業者を除く就業者503万人のうち、契約社員やアルバイトなどの非正規雇用が389万人で、77.3%となりました。

今年の統計を見ると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月の就業者数は、前年同月比で減少したものの、5月以降は増加となり、総務省は「4月を底に改善傾向が見られる」としています。 

65歳以降が「第二の人生」となり、就労しながら年金受給する生活スタイルが定着しそうな流れとなっていますし、

「生涯現役」という言葉も、なんだか普通になりつつあります。

求む!安心安全

中国が開発する新型コロナウイルスワクチンの一般市民への投与は、早ければ11月にも準備が整うことが、関係者の話で分かりました。

 

各社がワクチン臨床試験の最終段階に入っており、開発競争は世界中で過熱している中、世界に先駆けてのことです。

ワクチン開発を進める中国のシノバック・バイオテックと中国医薬集団総公司(シノファーム)の担当者らは共に第3相臨床試験の終了後、年末にも自社ワクチンが承認される予定だとAFP通信に話しているそうです。

そして、14日夜、中国疾病対策予防センター(CCDC)のバイオセーフティー首席専門家は国営中国中央テレビ(CCTV)の取材に対し、「11月か12月ごろ」には一般市民のワクチン接種が可能になる予定だと述べたそうです。


この専門家は、「第3相臨床試験の結果を踏まえると、現在の進展状況は非常に順調」だと述べ、自身も4月にワクチンを接種したがこれまでのところ体調は良好だと話しているそうです。

中国では、開発中のワクチン候補のうち一部は、緊急措置として社会の機能維持に必要不可欠な仕事に従事する人にすでに投与されているとのこと。

 

世界に先駆けて、中国で国民にワクチン接種のニュースが入るのはそう遠くはなさそうです。

ただひとつ、「安全安心」であってもらいたい一念です。

自営業も保険料免除!

第1号被保険者は、産前産後期間の国民年金の保険料が免除されます!


次世代育成支援の観点から、国民年金の産前産後期間の国民年金保険料免除制度は、産前産後の国民年金保険料が一定期間免除されます。

 

産前産後期間の免除制度は、保険料免除された期間も「保険料を納付したもの」として老齢基礎年金の受給額に反映されます。

 

こちらをご参照ください。