5G

NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI(au)の次世代通信規格「5G」を使った携帯電話サービスが23日、出揃いました。

 

サービスはドコモが25日に開始し、KDDI(26日)、ソフトバンク(27日)が続き、楽天も6月に参入予定で、ついに5G時代が幕を開けます。

各社とも利用料金に大きな違いはなく、高精細の動画やゲームなど独自のコンテンツを争うようです。

 

KDDIは、23日、データ使用量が無制限のプランを利用家族数などに応じた各種割引によって月額3460〜8650円(税抜き)で提供すると公表し、先に発表したソフトバンクはデータ使用量の上限50ギガバイト(GB)のプランを3480〜8480円と設定しています。

ドコモは、上限100GBのプランを4480〜7650円としましたが、当面はデータ使用量に制限を設けないとのことです。

当初は、サービス提供地域が限定されることを踏まえ、3社とも料金は現行の4Gとほぼ同じ水準とするようですが、KDDIは23日の発表会で、「他社の動向を見ながら対応していく」と述べ、将来の料金見直しを示唆しています。


5Gサービスを利用するには、対応するスマートフォンが必要となり、3社とも超高精細な映像規格「8K」の動画撮影が可能な端末などを投入するほか、5G専用の独自コンテンツをアピールするようです。


料金プランや機種の購入など、今のスマートフォンのように日常で使用できるのは、まだ先のようです。

 



受付開始

厚生労働省は、今般の新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるをえなくなった保護者の皆さんを支援するため、正規雇用・非正規雇用を問わない助成金制度(以下「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」という。)を創設するとともに、個人で業務委託契約等で仕事をされている方向けの新たな支援金制度(以下「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等支援金」という。)を創設することとしています。


本日から、この助成金及び支援金の申請受付を開始いたしましたので、お知らせいたします。

助成金及び支援金の具体的内容や申請手続については、厚生労働省のホームページに掲載されている関係資料をご覧ください。

 

<申請期間> 3月18日〜6月30日

<申請書の提出先> 学校等休業助成金・支援金受付センター
<問い合わせ先> 学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター 

 

電話:0120−60−3999 受付時間:9:00〜21:00(土日・祝日含む)